2018/03/02

NEW BRAND KAFIKAについて



2005年頃の取引ブランド<TABLOID NEWS><STUDIO ORIBE><DISIPLE>が雑誌の紙面を賑わせていた頃は上記のブランドは仕入れをする際に使い勝手が良かった。こなれた価格帯・気の利いたデザインということで他の高価格帯ブランドとのコーディネイトをする際のジョイントとして欠かせなかった。

2018年は新規ブランドってなかなかリリースされない。
新たなブランドの「立ち位置」「隙間」が残されていないのだと思う。

18SSより展開する新たなブランド<KAFIKA/カフィカ>
認知度のあるブランドなのだけれど、見落としていた。
情けない話である、要するに新たなブランドを探し出す感覚が鈍ってきている、いや正確に言うなら衰えているということだろう。

新素材を使った痒いところに手が届く仕様・デザインである。
数年前なら「コットン100%原理主義」であったのだけれど、今は「新素材」にひれ伏す自分が間違いなくいる。
<COOLMAX><コットン/ポリエステル ストレッチ>などに。
そして昨今の新素材はいかにもなケミカルなツラ感がない。
縫製もワークウェアの工場ならではの無骨な感じ、ステッチもふわっとせず、がっしり糸が沈んでる。
僕好みのツラである。

ぜひ一度穿いてみて欲しい。
そして18SSから新たなブランドがこれからも少しずつだが増えていく予定だ。
過去に自分の店を「定食屋的セレクトショップ」と評した。
それは、今も変わらないと思う。
街には五つ星リストランテ的セレクトショップの「メニュー/品揃え」もあってふさわしい。
でもその一方で「定食屋的セレクトショップ」の生姜焼き定食/煮込みハンバーグのような「メニュー/品揃え」もないとね。

今月は18秋冬の展示会出張がある。
市場に新鮮で値頃な野菜や魚を買い出しにいくように展示会に向かう。
まあ、そんなスタンスの洋品店もあってもいいじゃない。

_____________________________

Cape Cod Clothing Store & Backyard Bar.
〒892-0846.
鹿児島市加治屋町1-9 第二柿本寺ビル109号
Tel:099-239-1515



Workers "M-1948 Mod" 入荷

<WORKERS > 1 9FW 【ワーカーズ】9 月デリバリー分入荷しました オンラインショップにUPしました。 https://capecodstore.shop-pro.jp/?pid=146320141 【 CAPE...