2018/03/30

18FW 展示会レポート JACKMAN編



3/13(水)PM15:00
恵比寿

JACKMANの事務所に向かう前に、直営店に寄る。
展示会時期だから、直営店は閉まっている。
後ろの庭には、スコアボードが。
JACKMANのコンセプトは、古い野球のユニフォームをベースにしている。

とは言っても当時のユニフォームを完全復刻といった「イタイ」感じではない。
ビッグワッフルのモックネックカットソーなんて、いかにも「POPEYE」押しな感じだし。
スウエットパーカー、Tシャツのサイズバランスは「今」を見失っていない。
生産背景が、覆刻屋・レプリカを使っているのでクオリティーはいい。
価格もリーズナブルだし。





JACKMANは母体が<FRED PERRY>なんで事務所が大層立派なビルにある。
自社ビルだ、イメージ的に数名で営業・生産している感じだけど。
展示会場も広くて、ゆったりしている。

10年以上前に、この場所を訪ねたときは<KAPITAL>の展示会場だった。
当時はこのビルは、レンタルスペースだった。
螺旋階段で降りる地下に会場はあった。

<KAPITAL>は数年取り扱ったけれど、納期設定のデタラメさにギブアップしてやめた。
JACKMANの展示会で最初訪れた時は、時の流れを感じた。

JACKMANの18FWに関してのレポートは

昨今のフイットに照らし合わせて、定番アイテムもよりリラックスしたものに。
アウター・カットソー・ボトムは、素材、カタチともに大きな変化はない。

マイナーな路線バスの時刻表を調べて中目黒へ向かう。
バスの時間まで、少し余裕があるので<PACIFIC FUNITURE PARTS CENTER>を除きたかったけれど休みだった。

続く。
____________________________

Cape Cod Clothing Store & Backyard Bar.
〒892-0846.
鹿児島市加治屋町1-9 第二柿本寺ビル109号
Tel:099-239-1515

展示会出張につき休業いたします。

9/19(水曜)~9/20日(木曜)は展示会出張のため休業いたします。 オンラインのショップ自体は運営しており、この間もご注文やお問合せはお受けしておりますが、 受注確認メールの送信や、お問合せ等へのご返答、商品の発送は休止させて頂きますのでご了承ください。 _...